IIJmio スマホ大特価セール 今なら他社から乗り換えで\110円/IIJmioへの乗り換え解説

【コスパ最強の裏技】IIJmioと楽天モバイル併用で通信費最安を実現

【コスパ最強の裏技】IIJmioと楽天モバイル併用で通信費最安を実現

通信費を最小限まで抑える方法を教えて欲しい。
さらに電話は使い放題という条件付きで教えて欲しい。

以上の悩みを解決できる記事を書きました。

結論、楽天モバイルとIIJmioを併用することで最安440円/月にすることが可能です。

<この記事を読んだらわかること>
・楽天モバイルとIIJmioのデュアルSIMにする方法がわかる。
・デュアルSIMにすることのメリット・デメリットがわかる。

きたまる

実際に私もデュアルSIMにして、月の通信費が1000円になりましたよ!

目次

【概要】楽天×IIJmioのデュアルSIMで月額440円に

デュアルSIM?2回線使用するってこと?

きたまる

デュアルSIMとは、2つのSIMを契約することを言います。

具体的には、
電話(通話) :楽天モバイル(物理SIM)
データ通信 :IIJmio(eSIM)

で使用します。

イメージとしては、以下の通りです。

【月額440円】楽天モバイルとIIJmio(esim)のデュアルSIMで携帯料金を格安にする
物理SIMとeSIMの使い分け

2つのSIMを使用することで2つの携帯会社のいいとこ取りをできます。

次章でそれぞれの具体的なプランを見ていきましょう。

楽天モバイルを”タダ”で使用する。

ここでは、楽天モバイルをタダで使用する方法を紹介します。(大きな声では言えませんが・・・)

データ量は、1GBで使用すると無料になる。

楽天モバイルのプランは、以下の特徴があります。

楽天モバイル料金プラン 公式HPより抜粋

データ通信無制限が売りのポイントですが、今回は、1GB以下0円に注目です。

つまり、1GB 以下の通信であれば、0円で契約を続けることができます。

1GB以下では、データ量が全然足りないよ

きたまる

データ通信は、楽天モバイルではなくIIJmioを使用するので問題ないですよ。

※180日以上の通信がなければ契約停止となるので注意(たまには、楽天モバイルも使いましょ)
 デュアルSIMで使用する場合、データ通信はIIJmioで行います。

通話は、楽天リンクアプリを使用すればかけ放題

楽天モバイルでは、楽天リンクアプリを使用すると国内通話が無料になります。

楽天リンクアプリの特徴
楽天リンクアプリの特徴 楽天HPから抜粋

使用方法としては、楽天リンクアプリを使って相手の電話番号にかけるだけ。

24時間いつでも通話無料になるのでかけ放題となります。

【最安440円】IIJmioのプランはeSIMプランを選ぼう

IIJmioのプランは以下の通りとなっています。

IIJmio 月額料金表
IIjmio 公式サイト抜粋

ここではeSIMプランを選択しましょう。

eSIMの場合、440~1650円の間で料金プランを選ぶことができます。

きたまる

あなたのデータ使用量によってデータ量を調整すればOKです。

eSIMって何って人は、以下の記事に詳しく解説しています。

【eSIMとは】物理SIMとの違いを解説する

ポイントは、データ費用のみ契約する点です。
電話は、楽天モバイルを使用するのでIIjmioで音声契約は不要です。

今まで説明したデュアルSIMについてをまとめると

楽天モバイル(物理SIM)
IIjmio(eSIM)
  • データの使用はなし
  • 楽天LINKアプリを使用し通話する
  • <電話用>で契約
  • eSIMのデータ通信のみで契約
  • 音声契約はしない
  • <データ通信用>で契約

となります。

IIjmio×楽天モバイルデュアルSIMにすることのメリット

デュアルSIMの最大のメリットは、それぞれの携帯会社の良いとこ取りができることです。

携帯会社には、それぞれ強み(アピールポイント)があります。

デュアルSIMにすることで、その強みのみを抽出することができる訳です。

IIJmioは月額料金が最安440円で使用できる

まず一番のメリットが最安月額440円で携帯を使用できることです。

・楽天モバイル:通話料0円、
・IIjmio:データ通信 月額440円(2GB)
 計:月額440円

キャリア(docomo、au、ソフトバンク)が月額5000~8000円でプランを提供する中で月額440円になるのは、破格です。

2GBで足らない人も様々なデータ量のプランがあるので月額2000円以内には収まるはずです。

きたまる

ちなみに私は8GBプランを使用しているので月額1100円です。
特に大きな不満なく使用できています。

IIjmioは、docomo、au回線で安定通信が可能

IIJmioはMVNOです。

MVNO:docomo、au等から通信回線を借りて安いプランで「格安SIM」を提供している事業者のこと

よって、docomo、au回線を使用することができるため、安定通信が可能となります。

【実際にやってみた】IIJmioの通信速度検証

楽天モバイルは、電波が入りにくい・圏外になるといった不満を解消できる訳です。

*私は、楽天モバイルを1年以上使用していました*
使用する中で、以下のような場面があることも、、、
・電波が悪く電子決済ができない
・使いたいときにネットに繋がらない

きたまる

IIjmioであれば、「繋がらない」ってことがほとんどないので安心です。

データが足らなくなったら繰り越しおよびデータ追加が可能

データ繰り越し可能

IIJmioの特徴は、
データの追加や繰り越しができることです。

左の図のように、余ったデータは翌月に繰り越しすることが可能となります。

2~20GBの間でデータプランを選択でき
データが足りない場合、データを追加することが可能
→追加するのは、1GBから可能です。

きたまる

月末に通信制限になった場合も助かりますね。

<追加したデータが余った場合>
・来月に繰り越すことが可能
→データを余すことなく使用することができる

格安で、データを必要十分使い倒すことができるのは良いプランだと思います。

データプランについては、以下の記事で詳しく記載しています。

【格安SIMの新常識】IIjmioのギガプランのポイントを解説

IIjmio×楽天モバイルデュアルSIMにすることのデメリット

デュアルSIMにして、それぞれの携帯会社の良いとこ取りをしましたがデメリットもあります。

電話の品質が悪い(←仕事用にはおすすめできない)

電話は、楽天モバイルを使用しますが音質が場所によって悪いです。

私が使用する中で実際にあった例は、
・途切れ途切れの声だよ!(相手の声も途切れる)
・「もしもし」のやりとりを何回もする。

最近ではLINE電話の方が音質が良いように感じます。

以下のような人には向いてません。
・仕事で頻繁に電話を使用する人
・仕事以外でも友達、家族と電話をする人

一方、以下のような人は、楽天モバイルの電話でも大丈夫です。
・プライベートでは、ほとんど電話しない人
・電話は、LINEなどのアプリを使用する人
 (LINEであれば、IIJmioの回線が安定しているため問題ありません。)

IIJmioは平日の昼12時の速度が遅い

格安SIM全般で、朝晩の通勤・お昼休みの時間は通信速度が遅くなることが多いです。

これは、スマホを使い始める人が多く回線が混みあうためになります。

きたまる

料金が安い分、仕方ない点ですね。

★1Mbps程度の速度はあるので、通常のブラウジング(インターネットの閲覧)であれば問題ありません。

以下のような人には、不向きです。
・通勤中、お昼休みに動画を楽しみたい人
・また、ゲームなど頻繁にスマホを使用する人

一方、以下の人は問題ないと考えます。
・通常のネット閲覧のみ。
・SNSやLINEなどデータ量が軽いもの
・混みあう時間帯にWi-Fiを使用している人

スマホの使用度によって、向き不向きがありますね。

IIJmio×楽天モバイルのデュアルSIM設定方法を解説

この章では、IIjmioと楽天モバイルで実際にデュアルSIM設定方法を解説していきます。

既に楽天モバイルと契約している人は、簡単にデュアルSIM設定ができるかも知れません。

STEP1 楽天モバイルに申し込む

楽天モバイルを契約している場合

IIjmioのeSIMプランが使用できるかの動作確認を行う。⇒eSIM対応機種か調べる

eSIMに対応していれば、STEP.2へ

対応していない場合は、eSIM対応の最新端末を購入しなければなりません。

これから申し込む場合

楽天モバイルの公式HPから契約を行います。

詳細は以下記事で紹介しています。

【簡単】楽天モバイルへの申し込み方法を解説(記事準備中)

STEP2 IIJmioのeSIMプランに申し込む

eSIMプランに申し込む場合は、使用端末以外でQRコードを読み込まなければなりません。

事前に別端末を用意しておきましょう。(例:パソコン、2台目のスマホ等)

IIJmioのeSIMに申し込む手順

公式HPから「SIM/eSIM→eSIM(データプランゼロ)」を選択する

eSIM IIJmio申し込み手順1

重し込み「eSIMのお申込みはこちらから」をクリック

eSIM IIJmio申し込み手順1

「事前に支払いしたものはない(通常)」をクリック

eSIM IIJmio申し込み手順1

「新規契約」→「SIMだけを購入する」をクリック

eSIM IIJmio申し込み手順1

「データ通信/eSIM」を選択
データ量は自身にあったギガ数を選択してください。

eSIM IIJmio申し込み手順1
eSIM IIJmio申し込み手順1

本人確認後、契約をすると以下のIIJmioからメールが届きます。
メール内の「アクティベーションコード」をクリックするとQRコードが表示されます。

ここでは、別端末でQRコードを表示し使用端末でQRコードを読み込まなければなりません。
別端末を用意を忘れずに。

アクティベーションコード 読み込み

★QRの読み込みは、以下の手順で読み込みます。

設定から「ネットワークとインターネット」を選択
→SIM「+」を押す

最下部の
「SIMをダウンロードしますか?」を押す

eSIMプロファイル読み込み手順

最下部の
「次へ」を押す

eSIMプロファイル読み込み手順

アクティベーションコードのリンクに表示されたQRコードを読み込む

eSIMプロファイル読み込み手順

以上の手順でeSIMでデータ通信が可能です。

以下の記事でデュアルSIM設定方法を解説しています。
IIJmioと楽天モバイル契約後のデュアルSIM設定方法を実際にやってみる。(準備中)

【コスパ最強の裏技】IIJmioと楽天モバイル併用で通信費最安を実現 まとめ

本記事では、IIjmioと楽天モバイル併用で通信費を安くする方法を紹介しました。

以下まとめです。

楽天モバイルとIIjmioの使い分け

楽天モバイル(物理SIM)
IIjmio(eSIM)
  • データの使用はなし
  • 楽天LINKアプリを使用し通話する
  • <電話用>で契約
  • eSIMのデータ通信のみで契約
  • 音声契約はしない
  • <データ通信用>で契約

 IIjmio×楽天モバイルのデュアルSIMにすることのメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • 月額440円まで通信費を抑えれる
  • IIJmioは回線が安定している
  • データ不足時、追加可能
  • 楽天モバイルの電話品質が悪い
  • 通勤時、昼休みは通信速度が遅い

今回の通信プランでお得に通信費を節約しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次