スマホの料金プランを12社の中から比較できるよ\スマホ料金無料診断/

【1万円以下!】IIJmioの安いおすすめ機種7選|最安110円

【1万円以下!】IIJmioのおすすめ機種6選|最安110円!

・IIJmioで購入できるおすすめスマホを教えて欲しい。
・安いスマホを欲しいがどのスマホを選べばいいかわからない。
・IIJmioで安くスマホを手にいれる方法を知りたい。

以上の悩みを解決できる記事を書きました。

IIJmioは、豊富な機種ラインナップとコスパが良いと評判です。
しかし、幅広い選択肢の中から「自分にぴったりの一台」を見つけるのは意外と大変。

そのためあなたが最適なスマホを見つけられるよう、IIJmioで特におすすめの機種を厳選しました。

この記事を読めば、2024年のスマホ選びに迷うことはもうありません!

シムりん

スマホってたくさん種類があるとどれがいいかわからない

格安SIM転生者

IIJmio端末を実際に使用した私がおすすめのものを厳選しました!

スマホを110円ゲットできる 2/29まで

本記事は、伊藤忠グループが運営している中古スマホ販売サイト「にこスマ」に紹介されました。

目次

IIJmioで安く(1万円以下)で購入できるおすすめ端末7選

IIJmioで1万円以下で購入できるおすすめ機種をまとめました。

通常1万円以上するスマホもIIJmioのキャンペーンを活用すると最安110円で購入することができます。
1万円以内で購入できるため、性能面が高いと言えない機種もありますが普段使いするだけなら十分な性能です。

IIJmioで1万円以下で購入できる機種を以下の表にまとめました。

スマホ機種SIMカード+端末セット端末定価
OPPO A55s 5G
OPPO_A55s_5G 表挿入用
4,980円23,500円
OPPO A77
OPPO_A77 表挿入用
980円19,800円
OPPO Reno7 A
7,980円39,800円
moto g13
moto_g13 表挿入用
2,480円19,800円
Redmi 12C
Redmi_12C_3GB_64GB 表挿入用
2,480円17,820円
Redmi Note 10T
RedmiNote10T 表挿入用
110円18,800円
moto g52j 5G SPECIAL
moto_g52j_5G_2 表挿入用
9,980円36,800円
IIJmio キャンペーン価格

この7機種のポイントに関して、以下より詳しく解説します。

OPPO A55s 5G

OPPOのスマホ「OPPO A55s 5G」です。

  • 端末定価:23,500円
  • SIMカード+端末セット:4,980円

スマホを110円ゲットできる 2/29まで

大きな特徴は、「大画面で薄い・軽い・持ちやすい」かつ「滑らか&高精細ディスプレイ」です。

日常的に持ち歩きやすい、大画面で見やすく使いやすいスマホです。

さらにSIMカードセットでの購入で110円でスマホを手にいれることができます。

メリット
デメリット
  • 長持ちするバッテリー4,000mAh
  • IP68の防水防塵対応
  • 大画面、計量ボディー
  • 指紋認証なし
  • おサイフケータイなし
詳しいスペックは右をタップ→
項目詳細
サイズ縦: 約162.1mm、横: 約74.7mm、厚さ: 約8.2mm
質量約178g
メモリ4GB RAM + 64GB ROM
ディスプレイ6.5インチ、解像度: 2400 x 1080 (FHD+)、リフレッシュレート: 最大90Hz
カメラアウトカメラ: 約1,300万画素(広角)、約200万画素(深度)
インカメラ: 約800万画素
CPUQualcomm® Snapdragon™ 480 5G
バッテリー4,000mAh
ネットワーク2G, 3G, 4G, 5G対応
OSColorOS 11 based on Android™ 11
OPPO A55s 5G スペック

OPPO A77

OPPOのスマホ「OPPO A77」です。

  • 端末定価:22,400円
  • SIMカード+端末セット:980円

スマホを110円ゲットできる 2/29まで

大きな特徴は、「長持ちするバッテリー」と「33Wの急速充電」です。

日常使いで1日バッテリーを気にせず使用できるし、5分間の急速充電で3時間の連続通話が可能です。

もし充電をし忘れた朝も、5分だけでも充電すれば使用可能とストレスを減らすことができます。

メリット
デメリット
  • 長持ちするバッテリー5,000mAh
  • 33W急速充電対応
  • 5000万画素のデュアルカメラ搭載
  • ディスプレイが低解像度
  • 前機種に比べ性能低下

OPPO A77に関して以下の記事で詳しくレビューしています。

詳しいスペックは右をタップ→
項目詳細
サイズと重量縦約163.7mm、横約75.0mm
厚さ約8.0mm、重量約187g
メモリ4GB RAM + 128GB ROM、LPDDR4X
eMMC 5.1、microSDXC™ (最大1TB)対応
ディスプレイ約6.5インチ、89.8%画面占有率、
1612 x 720 (HD+液晶)、最大60Hzリフレッシュレート
カメラアウトカメラ: 約5000万画素(広角)+ 約200万画素(深度)
インカメラ: 約800万画素
CPU & GPUMediaTek Helio G35、最大2.3GHz、8コア、GPU: IMG GE8320 @ 680MHz
バッテリー5000mAh、33W SUPERVOOC急速充電
生体認証側面指紋認証、顔認証対応
ネットワークデュアルSIM、nanoSIM、2G/3G/4G対応
OSColorOS 12 based on Android™ 12
OPPO A77 スペック

OPPO Reno7 A

OPPOのスマホ「OPPO Reno7 A」です。

  • 端末定価:39,800円
  • SIMカード+端末セット:7,980円

スマホを110円ゲットできる 2/29まで

大きな特徴は、「有機ELディスプレイ・独自背面加工」、「システム劣化防止機能」

その他にも、おサイフケータイやカメラ、バッテリー持ち共にバランスに優れたスマホです。
日常使いで困ることはない万能なスペックを持っています。

メリット
デメリット
  • 長持ちするバッテリー4,500mAh
  • 4,800万画素のカメラ
  • IP68の防水防塵対応
  • キレイな外観と外観
  • システム劣化防止機能
  • 超軽量
  • おサイフケータイ搭載
  • 重たい3Dゲームには不向き

moto g13

モトローラーのスマホ「moto g13」です。

  • 端末定価:19,800円
  • SIMカード+端末セット:2,480円

スマホを110円ゲットできる 2/29まで

大きな特徴は、「5000万画素のカメラ(トリプルカメラ)」と「滑らかなディプレイ」です。

メリット
デメリット
  • トリプルスロット対応
  • 長持ちするバッテリー5,000mAh
  • 快適なユーザーインターフェース
    6.8インチ大画面で90Hzのリフレッシュレート
  • FMラジオを使用できる
  • ステレオスピーカー搭載0mAh
  • 5000万画素のカメラ
    (トリプルカメラ)
  • eSIM、5G、おサイフケータイ非対応
  • 解像度が低い
  • 完全防水ではない

詳しい内容については、以下の記事で解説しています。

詳しいスペックは右をタップ→
項目詳細
ディスプレイ6.5インチ、最大リフレッシュレート90Hz
1600×720(HD+)
内部ストレージ128GB (最大512GBのmicroSDカード対応)
プロセッサーMediaTek Helio G85 オクタコア
メモリ(RAM)4GB
バッテリー容量5,000mAh
ディスプレイサイズ6.5インチ HD+
カメラ5,000万画素メインカメラ、200万画素マクロカメラ
ネットワーク4G, 3G, 2G
OSAndroid™ 13
moto g13 スペック

Redmi 12C

Xiaomi(シャオミ)のスマホ「Redmi 12C」です。

  • 端末定価:17,820円
  • SIMカード+端末セット:2,480円

スマホを110円ゲットできる 2/29まで

大きな特徴は、「長持ちするバッテリー」と「5000万画素のカメラ」を搭載していること。

日常使いで1日バッテリーを気にせず使用できるし、日常のふとした瞬間の写真が高画質で思い出を残すことが可能です。

メリットとデメリットを以下にまとめました。

メリット
デメリット
  • コスパ最高
  • 5000万画素のカメラ搭載
  • 長持ちするバッテリー5,000mAh
  • 充電接続端子が micro USB
  • 5G非対応
  • 高度なアプリやゲームには不向き
  • 充電速度の遅さ

Redmi 12Cについて以下の記事で詳しく解説しています。

詳しいスペックは右をタップ→
スペック詳細
メモリ+ストレージ3GB/4GB RAM, 64GB/128GB ストレージ, microSD対応(最大1TB)
サイズと重量高さ 168.76 mm, 幅 76.41 mm, 厚さ 8.77 mm, 重量 192 g
プロセッサMediaTek Helio G85, 12 nm, オクタコア, CPU 最大 2.0 GHz
ディスプレイ6.71インチ HD+ (1650×720), アスペクト比 20.6:9, 輝度 500 nit
バッテリーと充電5,000mAh バッテリー, 10W 充電, Micro USB
カメラリア:5000万画素, F1.8; フロント:500万画素, F2.2
セキュリティ背面指紋認証, AI顔認証
Redmi12C スペック

Redmi Note 10T

Xiaomi(シャオミ)のスマホ「Redmi Note 10T」です。

  • 端末定価:18,800円
  • SIMカード+端末セット:110円

スマホを110円ゲットできる 2/29まで

大きな特徴は、「長持ちするバッテリー」、「IP68の防水・防塵性能」、「おサイフケータイ搭載」していること。

日常使いで1日バッテリーを気にせず使用可、防水で雨やほこりっぽい環境でも安心してスマホを使用できます。
さらにおサイフケータイ搭載のため、モバイルSuica、IDなどスマホ一つでお買い物することが可能です。

Redmi Note 10Tについて以下の記事で詳しく解説しています。

メリット
デメリット
  • 長持ちするバッテリー5,000mAh
  • 6.5インチの大画面
  • IP68の防水・防塵性能
  • おサイフケータイ搭載
  • 顔認証とサイドボタン指紋認証
  • nanoSIM、microSDのデュアルスロット
  • カメラ性能は、平均的な性能
  • 重量がやや重い
詳しいスペックは右をタップ→
スペック詳細
ストレージとRAMRAM: 4GB, ROM: 64GB
サイズと重量約163mm × 約76mm × 約9.0mm, 重量: 約198g
ディスプレイ2400 x 1080 (FHD+), リフレッシュレート: 最大90Hz
プロセッサーQualcomm® Snapdragon™ 480 5G
バッテリー5000mAh, 18W 急速充電
カメラメイン: 約5,000万画素, フロント: 約800万画素
セキュリティ側面指紋認証センサー, AI顔認証
NFCFeliCa / おサイフケータイ® 対応
防水/防塵IPX8 IP6Xの防水防塵性能
接続性5G対応, Bluetooth 5.1, WiFi5
スペック表

moto g52j 5G SPECIAL

モトローラーのスマホ「moto g52j 5G SPECIAL」です。

  • 端末定価:36,800円
  • SIMカード+端末セット:9,980円

スマホを110円ゲットできる 2/29まで

大きな特徴は、「大画面ディスプレイ」、「IP68の防水防塵対応」、「おサイフケータイ搭載」です。

必要十分の機能を搭載しており、日常使いには困らない使い勝手の良いスマホです。

moto g52j 5G SPECIALの詳しいレビューは以下の記事になるので参考にしてください。

メリット
デメリット
  • IP68の防水・防塵性能
  • 長持ちするバッテリー5,000mAh
  • 快適なユーザーインターフェース
  • 6.8インチ大画面で90Hzのリフレッシュレート
  • おサイフケータイによる電子決済
  • 重量感と大きめのサイズ
詳しいスペックは右をタップ→
項目詳細
オペレーティングシステムAndroid™ 11/Android™ 12
プロセッサーQualcomm® Snapdragon™ 695 5G 2.2GHz オクタコア
ストレージとRAMRAM:8GB、ROM:256GB
バッテリー容量5,000mAh
ディスプレイサイズ約6.8インチ
解像度フルHD+ (2,460×1,080)
カメラ (アウトカメラ)メイン:約5,000万画素 (f/1.8, 0.64μm)、フロント:1,300万画素
NFCFeliCa / おサイフケータイ® 対応
moto g52j 5G SPECIAL スペック

IJmioのスマホをニーズごとに分類!あなたにピッタリの1台を選ぶコツ

今まで、各端末の解説をしましたが一人一人スマホを使う目的があると思います。

限られた予算でスマホを選ぶのであなたが何を重視して選ぶのかが大切です。
本章では、あなたにピッタリの1台を選ぶためのポイントを解説します。

予算を決めておく

スマホを選ぶ際のポイントの一つが予算を決めておくことです。

正直お金を出せば、性能の良いスマホが手に入ります。
ただしほとんどの人が、なるべくコスパの良いスマホが欲しいはずです。

安いスマホは、それなりの機能制限があり妥協する点も多いでしょう。

性能別の価格帯を以下の表にまとめました。

カテゴリ価格帯AnTuTu
スコア
できること
ハイエンド8万円60〜80万点なんでもできる。
ミッドレンジ5〜7万円20〜45万点〜日常使いOK
エントリーレベル2〜4万円〜10万点必要最低限
ベンチマークスコア 目安

最近ではiPhoneが10万超えなど高価になっていますが、技術の進歩で安く日常使いできるスマホが出てきているのも事実です。

あなたの予算に合ったスマホ選びをしてくださいね。

機能で選ぶ(カメラ、バッテリー)

予算が限られている場合、それぞれ以下の項目を注目して選ぶと良いでしょう。

見るポイントどんな人向け?
バッテリー重視4,000mAh以上のバッテリーが大容量一度の充電で長時間使用したい人
カメラ重視画素数をチェックキレイな写真を撮りたい人
スマホ容量重視128or256GB以上ゲームや写真を多く保存したい人
認証機能指紋認証/顔認証の有無パスワードを忘れやすい人
決済機能おサイフケータイ/Felica搭載の有無電子マネー決済をしたい人
防水防塵機能IP規格をチェック水やほこりにも強いアウトドアな人
シムりん

やっぱりカメラはキレイな方がいいな

格安SIM転生者

AI補正やデュアルカメラがあるとさらにいいですよ♪

用途別に選ぶ(仕事、ゲーム用)

スマホの選び方として、使用目的を明確にしておくことも重要です。
日常使いに買う人がほとんどかもしれませんが、それ以外の場合は以下を参考にしてください。

  • 仕事用:セキュリティー機能やマルチタスクに対応できるスペック
  • プライベート(SNSや動画視聴):カメラ機能やディスプレイの質
  • ゲーム:高性能なCPU、長時間バッテリー

特にIIJmioでは、他社から乗り換えで最安110円のため、2台目のスマホとしてもおすすめです。

キャンペーンは、期限があるので見逃さないようにしてくださいね。

IIJmioでのスマホ端末を購入:注意点と最新キャンペーンの活用法

IIJmioでスマホを購入する際の注意点と最新キャンペーン情報を紹介します。
うまくキャンペーンを利用しておトクにスマホをゲットしてください。

IIJmioで見逃せない限定キャンペーン情報

IIJmioでは、「SIMカード+端末セット」で契約することで最安110円でスマホをゲットすることができます。

キャンペーン概要は以下の通り。

項目キャンペーン詳細
期間2023年11月1日~2月29日まで
内容ギガプランの「音声SIM」または「音声eSIM」をMNP転入にて、
かつ対象端末を同時に申し込んだ場合
注意点1契約者(mioID)あたり1台まで
同時に複数台申し込む場合は、最も割引額が大きい端末がキャンペーン適用
スマホ大特価セールの概要

スマホを110円ゲットできる 2/29まで

キャンペーン対象外は以下です。

  • 家電量販店やネットショップなどで購入した
    パッケージ(エントリーコード、パスコード)を利用して申し込みした場合。
  • 価格.comを経由して申し込みした場合
  • キャンペーン適用後
    再びギガプラン-MNP回線と対象端末をセットで申し込みした場合、後から契約した申し込みはキャンペーン対象外
  • 過去1年の間に以下キャンペーンが適用された方
  • 申し込み後、回線が利用開始されないなど、利用者の事由により契約が成立しない場合
  • 回線申し込み時、「新規契約」を選択してセット購入された場合

IIJmioで端末だけ購入することはできる?

結論、端末のみの購入は可能です。
ただし、割引額が少なくなります。

「スマホ端末110円!」などのキャンペーンは、「他社からの乗り換え+スマホ端末購入」で適用されるキャンペーンのため注意が必要です。

キャンペーン適用外でもIIJmioでスマホを購入したい場合は、以下手順で進めてください。

STEP
で購入するスマホ端末を選択
STEP
カラーと端末保証を選択
STEP
端末購入内容は「端末のみ購入」を選択
支払い方法は「一括払い」を選択
STEP
mio会員でない場合、このタイミングで登録
STEP
申し込み内容を確認し、完了

もっと詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。

契約前に知りたいIIJmioの料金プラン

最安110円でスマホを手にいれるには、IIJmioで契約が必要とお伝えしました。
契約前に簡単にIIJmioの料金プランについて解説します。

以下の表がIIJmioの月額料金表です。

スクロールできます
2
GB

GB
10
GB
15
GB
20
GB
音声SIM850円990円1,500円1,800円2,000円
音声eSIM
SMS820円970円1,470円1,780円1,980円
データ
[タイプDのみ]
740円900円1,400円1,730円1,950円
データeSIM
[タイプDのみ]
440円660円1,100円1,430円1,650円
IIJmio月額料金表

IIJmioは、格安SIMの中でも最安級です。もっとも選ばれているのが「音声SIM(5GB)の990円」。
※電話も必要な方は、1番上の行の音声SIMで料金をチェックください。

データ容量も細かく分かれており、必要なデータ量を選ぶことが可能です。

IIJmioついて以下の記事で詳しくまとめています。

IIJmioでは、ドコモ回線とau回線を選ぶことができます。
それぞれの頭文字を取って、公式サイトでは「タイプD(ドコモ回線)」、「タイプA(au回線)」と呼びます。
回線の違いについては、以下の記事を参考にしてください。
【どっちがいい?】IIJmioのタイプDとタイプAの違いと選び方

IIJmioのおすすめ機種7選について 良くある質問FAQ

IIJmioで端末のみの購入はできる?

端末のみの購入は可能です。
ただし、キャンペーン適応外となるので注意してください。

キャンペーン適用させるためには、SIMカードとセットで購入してください。
詳しくは、以下の記事を参考にしてください。

IIJmioでSIMカードとセット購入した後、すぐ解約できる?

最低利用期間が「利用開始日の翌月末日まで」です。
よって2か月弱で解約することが可能です。

ただし、短期解約するとブラックリスト入りし今後IIJmioと契約できなくなる可能性があります。
詳しくは以下の記事を参考にしてください。

【1万円以下!】IIJmioの安いおすすめ機種7選|最安110円 まとめ

【1万円以下!】IIJmioのおすすめ機種6選|最安110円!

本記事では、1万円以下のIIJmioおすすめ機種6選を解説しました。
以下まとめです。

IIJmioで安く購入できるおすすめ機種6選

  1. OPPO A55s 5G
  2. OPPO A77
  3. OPPO Reno7 A
  4. moto g13
  5. Redmi 12C
  6. Redmi Note 10T
  7. moto g52j 5G Ⅱ

スマホを110円ゲットできる 2/29まで

シムりん

IIJmioで通信費もスマホも安くなりそう♪

格安SIM転生者

うまくキャンペーンを活用してくださいね。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次