スマホの料金プランを12社の中から比較できるよ\スマホ料金無料診断/

【OPPO A77を買うな?ゴミ?】ウワサのスマホをレビューした!

【OPPO A77を買うな?ゴミ?】ウワサのスマホをレビューした!

・OPPO A77のスマホについて知りたい。
・OPPO A77は買わない方がいいの。
・OPPO A77はどこで買うのがおすすめ?

以上の悩みを解決できる記事を書きました。

「OPPO A77」は、2022年10月6日発売されたスマホです。
この記事では、OPPO A77を実際に使用したメリット・デメリットを解説します。

スペック、カメラ機能、デザイン、バッテリー性能など、購入を検討している方にとっての情報を幅広くカバーしました。

シムりん

調べてたら「OPPO A77 買うな」ってワードが出てきたんだけど・・・

格安SIM転生者

私がその噂が本当か検証してみました!

結論、「必要最低限で使用できるスマホ」でした!

ガンガンスマホを使用する人からすると「買うな!」と言われるのも納得のスマホです。
「電話やメール」などの日常使いだけで使用したい人はアリかと思います。

また、このスマホの「メリットとデメリット」についても詳しく解説し、OPPO A77がどのような人に最適かを解説します。

目次

OPPO A77を買うな!と言われている理由

【OPPO A77を買うな?ゴミ?】ウワサのスマホをレビューした!
OPPO公式サイトから引用

OPPOのスマホは、安くて高性能のイメージがありますがOPPO A77はネット上で「買うな!」という意見が多いスマホです。

この理由は、性能面で言われていることが多いようです。
これから詳しく解説しますので、購入前の参考にしてください。

CPU性能が低い

OPPO A77に搭載されている「MediaTek Helio G35」は、現代のスマートフォンに求められる性能を提供するには不十分です。

このCPUのベンチマークスコアは10万点台と言われています。

10万点台の場合、スマホの動作のもたつきや固まることもあるでしょう。

ベンチマークは、スマホの性能を点数化できるものです。
スコア詳細は、右の▼をクリック。
カテゴリAnTuTu
スコア
できること
ハイエンド
(最上位)
80万点〜なんでもできる。
ハイエンド
(上位)
60万点〜動作サクサク。
アッパー
ミッドレンジ
45万点〜重たいゲームもできる。
ミッドレンジ30万点〜日常使いOK
軽いゲームができる。
ローワー
ミッドレンジ
20万点〜基本的な使用可
高負荷タスクには不向き。
エントリーレベル
(上位)
10万点〜必要最低限
エントリーレベル
(下位)
〜10万点基本的な機能のみ
ベンチマークスコア 目安

このCPUは、基本的なタスクでさえも遅延を引き起こす可能性があり、特にアプリの起動やマルチタスク処理において顕著な遅さが感じられることがあります。

ディスプレイの解像度が低い

OPPO A77のディスプレイは約6.5インチのHD+液晶を採用していますが、この解像度は現代のスマートフォン市場においてはやや低い部類に入ります。

特に高解像度のコンテンツを楽しむ際に、画質の劣化が目立つ可能性があります。

前機種から性能の退化

OPPO A77は、前モデルA73と比較しても全体的な性能が退化しているとの指摘があります。
これにはCPUの性能低下、ディスプレイの解像度の低下、カメラ性能の制限などが含まれます。

以下の表にスペックを比較しました。
色をつけている方が優れています。

OPPO A77(新)OPPO A73(旧)
発売日2022年10月06日2020年11月20日
販売価格24800円26880円
CPUMediaTek Helio G35Snapdragon 662
ベンチマーク約10万点約18万点
ディスプレイ6.5インチHD+液晶
1912×720
6.44インチFHD+有機EL
2400×1080
背面カメラ標準:5,000万画素標準1,620万画素
eSIM非対応対応
防水IP54非対応
前モデルとの大きな違い
シムりん

ほんとだ。性能落ちてるね。。。

格安SIM転生者

カメラの性能と防水面は向上しています!

子どもへの購入に関する注意

子どもへのスマホ購入を検討している場合、OPPO A77はあまりおすすめできません。

なぜなら、子供がスマホで使用するアプリやゲームはある程度の性能があるものが必要だからです。
おそらく動作が重い、カクツキがあることで子供に不満を与えると思います。

子供用のスマホだからといって、スペックが低すぎるのは良くないでしょう。

OPPO A77のスペックと向いている人

【OPPO A77を買うな?ゴミ?】ウワサのスマホをレビューした!
OPPO公式サイトから引用

ここからは、OPPO A77のスペックと向いている人について説明します。

基本スペックと特徴

項目詳細
サイズと重量縦約163.7mm、横約75.0mm
厚さ約8.0mm、重量約187g
メモリ4GB RAM + 128GB ROM、LPDDR4X
eMMC 5.1、microSDXC™ (最大1TB)対応
ディスプレイ約6.5インチ、89.8%画面占有率、
1612 x 720 (HD+液晶)、最大60Hzリフレッシュレート
カメラアウトカメラ: 約5000万画素(広角)+ 約200万画素(深度)
インカメラ: 約800万画素
CPU & GPUMediaTek Helio G35、最大2.3GHz、8コア、GPU: IMG GE8320 @ 680MHz
バッテリー5000mAh、33W SUPERVOOC急速充電
生体認証側面指紋認証、顔認証対応
ネットワークデュアルSIM、nanoSIM、2G/3G/4G対応
OSColorOS 12 based on Android™ 12

開封、外観チェック

実際にOPPO A77を購入してみたので外観を確認します。

片手でギリギリ掴めるくらいの箱の大きさ。
ここ最近のスマホの箱としては大きめです。

【OPPO A77を買うな?ゴミ?】ウワサのスマホをレビューした!
【OPPO A77を買うな?ゴミ?】ウワサのスマホをレビューした!

中身を開封すると以下のものが同封されていました。

  • OPPO A77本体
  • SIMピン
  • クイックガイド
  • 安全ガイド
  • 保護ケース
  • 充電器(33W)、ケーブル

表裏の外観は、こんな感じ。
裏面は、プラスチック感が強いです。

【OPPO A77を買うな?ゴミ?】ウワサのスマホをレビューした!
【OPPO A77を買うな?ゴミ?】ウワサのスマホをレビューした!

手に持ったサイズ感はこんな感じ。

【OPPO A77を買うな?ゴミ?】ウワサのスマホをレビューした!
【OPPO A77を買うな?ゴミ?】ウワサのスマホをレビューした!

スマホの側面上下はこんな感じ。
・上側:接続端子なし。
・下側:スピーカーとタイプCでの充電端子有り

【OPPO A77を買うな?ゴミ?】ウワサのスマホをレビューした!
【OPPO A77を買うな?ゴミ?】ウワサのスマホをレビューした!

・左側:音量ボタン、SIMスロット(SIMカードを入れる所)
・右側:電源ボタン

【OPPO A77を買うな?ゴミ?】ウワサのスマホをレビューした!
【OPPO A77を買うな?ゴミ?】ウワサのスマホをレビューした!

おすすめできる人・購入を避けるべき人

OPPO A77をおすすめできる人と購入を避けるべき人を以下にまとめました。

おすすめできる人
購入を避けるべき人
  • 基本的な使用のみの人
    (電話、SMS、ネットサーフィン)
  • スマホ初心者
  • 長時間のバッテリーを求める人
  • ハイスペックなスマホを求めている人
  • ゲームや高解像度のコンテンツの視聴を頻繁に行う人
  • 重いアプリ使用を頻繁に行う人
  • 仕事用のスマホを求めている人
  • 子供用のスマホを求めている人

スマホのサクサク・ヌルヌル感を求めたい人には向いていません。
あくまでも基本的なスペックだけでいい人だけにおすすめできます。

OPPO A77の最安購入先と代替機種は?

OPPO A77の購入先を紹介します。

本機種の販売価格は、「24,800円」です。2022年10月に販売された機種であり現在では値下がりしています。
価格.comでチェックすると20,000円以内で購入することができます。

購入先によって、価格が変わってくることがあるのでなるべく安く購入できるように購入先をチェックしましょう。

購入可能な場所と最安値

OPPO A77は、以下のような場所で購入することが可能です。

購入先
OPPO公式オンラインショップ
ヨドバシ、ビックカメラ等の家電量販店
Amazon、楽天市場などのネットショップ
一部の携帯電話キャリア(IIJmio、LIBMO)

最安値に関しては、セールによって変動する可能性がありますが、一般的にオンラインショップやMVNO(格安SIM)が安いことが多いです。

個人的にはLIBMOまたはIIJmioで購入することをおすすめします。

以下の表にキャンペーン価格をまとめました。

乗り換え先キャンペーン価格公式サイト
LIBMO1円公式サイト
IIJmio980円公式サイト

キャンペーン時は売り切れることが多く、再入荷されるかもわからないのでお早めにチェックしてください。

OPPO A77と同価格で購入できるスマホ端末

今まで説明したOPPO A77と同価格で購入できるスマホ端末を紹介します。
これから紹介する2種類のスマホは、どちらもIIJmioで格安で購入することが可能です。

OPPO Reno7 A

  • 本体価格:約30,000円(Amazon他)
  • IIJmio SIMカードセット価格:1,980円

スマホを110円ゲットできる 2/29まで

大きな特徴は、「有機ELディスプレイ・独自背面加工」、「システム劣化防止機能」

その他にも、おサイフケータイやカメラ、バッテリー持ち共にバランスに優れたスマホです。
日常使いで困ることはない万能なスペックを持っています。

メリット
デメリット
  • 長持ちするバッテリー4,500mAh
  • 4,800万画素のカメラ
  • IP68の防水防塵対応
  • キレイな外観と外観
  • システム劣化防止機能
  • 超軽量
  • おサイフケータイ搭載
  • 重たい3Dゲームには不向き

OPPO A55s 5G

  • 本体価格:約17,000円(Amazon他)
  • IIJmio SIMカードセット価格:110円

スマホを110円ゲットできる 2/29まで

「OPPO A77」の後継機種が「OPPO A55s 5G」です。

後継機種ですが、画面の滑らかさや動作の軽さを求めるなら「OPPO A55s 5G」を購入するのがおすすめです。
大画面で薄く、軽く、持ちやすいのも特徴的です。

メリット
デメリット
  • 長持ちするバッテリー4,000mAh
  • IP68の防水防塵対応
  • 大画面、計量ボディー
  • 指紋認証なし
  • おサイフケータイなし

紹介したスマホ以外にもIIJmioでは1万円以下でコスパの良いスマホを販売しています。
気になる方は、以下の記事にまとめましたので参考にしてください。

OPPO A77のメリット「ここがよかった」

1万円台:コスパ良し!

OPPO A77は、その手頃な価格で注目を集めています。
価格は、なんと1万円台で購入可能です。

購入先によって値段が変わるので詳しくは、それぞれの購入サイトで確認してください。

iPhoneが10万円以上することを考えると、1/10の金額で購入することができおトクですよね。

価格が1万円台なので、iPhoneや高スペックスマホには性能が劣るものの普段使いには必要十分なスペックです。

安くて日常使いのスマホを探している人には十分おすすめできるスマホです。

長持ちするバッテリー5,000mAh

「mAh」ってどんな単位? 知っておきたいスマホバッテリー容量の基礎知識(ソフトバンクニュース参照)

OPPO A77のバッテリーは、5,000mAhの大容量バッテリーです。

価格帯バッテリー容量
2〜4万円台2,500〜3,000mAh
5〜7万円台3,000〜3,500mAh
8万円台3,500〜4,000mAh
iPhone14(10万〜)3,279mAh
OPPO A77(1万円台)5,000mAh

1万円台のスマホでありながらOPPO A77のバッテリーは大容量です。

1日以上の使用を可能にし、頻繁な充電の必要性を減らします。

以下のような人には特におすすめです。

  • いつも充電が持つか心配している人
  • 常にモバイルバッテリーを持ち歩かなければならない人

33W急速充電対応

  • 5分間の充電で3時間の連続通話が可能です。
https://www.oppo.com/jp/smartphones/series-a/a77/

OPPO公式によると33Wでの5分間急速充電で3時間の連続通話が可能とのこと。

シムりん

5分で3時間使えるのはすごい!

格安SIM転生者

バタバタした朝も安心ですね♪

すぐに充電ができると思えば、充電残量を気にするストレスも減ると思います。
また繰り返しになりますが、5000mAhの大容量バッテリーを搭載しているので電池切れの心配も少なくなります。

5000万画素のデュアルカメラ搭載

デュアルカメラを搭載しており、基本的な写真撮影には適しています。

デュアルカメラ以外にも以下の機能が搭載されています。

  • AIビューティー
    • AIによる画像処理で画質がキレイに仕上がります。
  • ポートレートモード
    • 被写体にピントをあわせ、背景をぼかす機能です。

OPPO A77のデメリット「ここ残念」

性能の退化

「OPPO A77を買うな」の章でも記載しましたが、前機種と比較して性能が全体的に退化しています。

以下が比較表です。

OPPO A77(新)OPPO A73(旧)
発売日2022年10月06日2020年11月20日
販売価格24800円26880円
CPUMediaTek Helio G35Snapdragon 662
ベンチマーク約10万点約18万点
ディスプレイ6.5インチHD+液晶
1912×720
6.44インチFHD+有機EL
2400×1080
背面カメラ標準:5,000万画素標準1,620万画素
eSIM非対応対応
防水IP54非対応
前モデルとの大きな違い

退化している項目は、以下の点です。

  • CPU
  • ベンチマーク
  • eSIMの対応

逆に性能UPしている点は、ディスプレイの解像度と防水性能が上がっています。

ただし、全体的な性能面低下が見られているのは残念です。

限定されたCPU性能

MediaTek Helio G35は基本的なタスクには対応可能ですが、高性能を求めるユーザーには不十分です。

このCPUのベンチマークスコアは10万点台と言われています。
10万点台の場合、スマホの動作のもたつきや画面が固まることもあるでしょう。

低解像度のディスプレイ

HD+解像度は現代のスマートフォン市場ではやや低い部類に入ります。

解像度とは、どれくらいの細かさに画像が分割されいるかを表しています。
解像度が上がるほど、画質がよく見えます。


OPPO A77は、「1612×720」で一見細かく分割されてそうですが
一昔前のiPhone8(1334×750)と同程度です。

最新のiPhone14 ProMaxは、「2796×1290」とかなりの画質の違いが見られます。

【レビュー】OPPO A77を実際に使ってみた!

OPPO A77の使い勝手を把握するために実際に使ってみました。

  • SNS X(旧Twitter)
  • Youtube
  • ゲーム(原神)
  • 充電速度
  • ベンチマーク

実際に上記リストのものを試しています。

Twitter X

X(旧Twitter)を開いて使用しました。

カクツキもなくスムーズに使用可能。
以下の動画でスクロールしました。

思っていたよりスムーズに使用できます。

Youtube

Youtubeを視聴。問題なくスムーズに使用できます。
画質もキレイです。

ゲーム(原神)

スマホのゲームの中でも特に負荷が高いと言われる「原神」をプレイ。
まず原神がなかなか起動しない。

【OPPO A77を買うな?ゴミ?】ウワサのスマホをレビューした!

本当に動くのかな!?と心配になる。

【OPPO A77を買うな?ゴミ?】ウワサのスマホをレビューした!

なんとか起動したものの、かなり重たい。
カクカクで画質も荒いものです。

【OPPO A77を買うな?ゴミ?】ウワサのスマホをレビューした!

快適にゲームをするなら、もう少しスペックの良いスマホが必要です。

充電速度

OPPO A77は最大33Wの急速充電に対応しています。

付属の33W充電器を使用して充電速度を計測しました。
ロック画面にSUPERVOOCの表示がされています。

計測結果は、30分で「26%→70%」まで充電できました。
(かなりの超高速充電です!)

【OPPO A77を買うな?ゴミ?】ウワサのスマホをレビューした!
シムりん

夜充電し忘れても、朝の充電で十分だね!

実際に充電しながら「Ampere」というアプリを使用して充電速度を計測します。

  • 左:通常の充電(5Wに接続)
  • 右:急速充電(33Wに接続)

通常の充電と比較して、急速充電は3倍の速度で充電されていることがわかります。

【OPPO A77を買うな?ゴミ?】ウワサのスマホをレビューした!

ベンチーマーク

スマホやタブレットのスペックを計測できる「AnTuTu」を用いてベンチマークを測定しました。

結果、「約14.5万点」。
スペックは、下位層で必要最低限のスマホです。

このスペックが「ゴミ、買うな!」と言われる一つの理由でもあります。

ベンチマークは、スマホの性能を点数化できるものです。
スコア詳細は、右の▼をクリック。
カテゴリAnTuTu
スコア
できること
ハイエンド
(最上位)
80万点〜なんでもできる。
ハイエンド
(上位)
60万点〜動作サクサク。
アッパー
ミッドレンジ
45万点〜重たいゲームもできる。
ミッドレンジ30万点〜日常使いOK
軽いゲームができる。
ローワー
ミッドレンジ
20万点〜基本的な使用可
高負荷タスクには不向き。
エントリーレベル
(上位)
10万点〜必要最低限
エントリーレベル
(下位)
〜10万点基本的な機能のみ
ベンチマークスコア 目安

OPPO A77について良くある質問 FAQ

OPPO A77について良くある質問を以下にまとめました。

OPPO A77を買うなと言われている理由は?

・CPU(MediaTek Helio G35)の性能が低いため。
・ディスプレイの解像度が低いため。
・前機種より性能が下がっているため。

OPPOはどこの国の会社?

中国のスマートフォンメーカーです。

OPPO A77は5Gに対応している?

5Gは非対応です。

【OPPO A77を買うな?ゴミ?】ウワサのスマホをレビュー まとめ

【OPPO A77を買うな?ゴミ?】ウワサのスマホをレビューした!

本記事では、OPPO A77のレビューをしました。
以下まとめです。

おすすめできる人
購入を避けるべき人
  • 基本的な使用のみの人
    (電話、SMS、ネットサーフィン)
  • スマホ初心者
  • 長時間のバッテリーを求める人
  • ハイスペックなスマホを求めている人
  • ゲームや高解像度のコンテンツの視聴を頻繁に行う人
  • 重いアプリ使用を頻繁に行う人
  • 仕事用のスマホを求めている人
  • 子供用のスマホを求めている人
メリット(良かった点)デメリット(残念だった点)
・1万円台:コスパ良し!
・長持ちするバッテリー5,000mAh
・33W急速充電対応
・5000万画素のデュアルカメラ搭載
・性能の退化
・限定されたCPU性能
・低解像度のディスプレイ
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次