スマホの料金プランを12社の中から比較できるよ\スマホ料金無料診断/

【実機レビュー】moto g52j 5G SPECIAL|安く買う方法も!

moto g52j 5Gをレビュー|使ってわかったメリット・デメリット

・moto g52j 5G のスマホについて知りたい。
・moto g52j 5Gはどこで買うのがおすすめ?
・moto g52j 5G、Ⅱ、SPECIALの違いを知りたい。

以上の悩みを解決できる記事を書きました。

「moto g52j 5G SPECIAL」は、Motorola(モトローラ)が市場に投入したコスパに優れたスマホです。
この記事では、「moto g52j 5G SPECIAL」を実際に使用してみてのメリット・デメリットを解説します。

スペック、カメラ機能、デザイン、バッテリー性能など、購入を検討している方にとって重要な情報を幅広くカバーしました。

シムりん

このスマホは何が良いのか知りたいな?

格安SIM転生者

実際の端末を触れながら
おすすめできるのはどんな人かをまとめました。

結論、「コスパ良し!メインスマホにしたくなる使用感」でした!
日常のSNS、ゲーム、動画を大画面で楽しみたい人にピッタリです。

また、このスマホの「メリット・デメリット」についても詳しく解説し、moto g52j 5G SPECIALがどのような人に最適かを解説します。

結論として、本スマホのメリット・デメリットを以下にまとめました。

メリットデメリット
・IP68の防水・防塵性能
・長持ちするバッテリー5,000mAh
・快適なユーザーインターフェース
・6.8インチ大画面で120Hzのリフレッシュレート
・おサイフケータイによる電子決済
・重量感と大きめのサイズ
・一部の通信バンドの制限

コスパの良いスマホを探している人は、「IIJmioで端末セット購入」がおすすめです。
以下の記事では、1万円以下で購入できるスマホを紹介していますので参考にしてください。

すぐに確認したい人は、以下のIIJmio公式サイトからチェックしてください。

スマホを110円ゲットできる 2/29まで

目次

moto g52j 5G SPECIALのスペックと向いている人

基本スペックと特徴

スペック項目詳細
オペレーティングシステムAndroid™ 11/Android™ 12
内部ストレージ256GB、microSDで最大1TBまで拡張可能
プロセッサーQualcomm® Snapdragon™ 695 5G 2.2GHz オクタコア
メモリ(RAM)8GB
バッテリー容量5,000mAh
ディスプレイサイズ約6.8インチ
解像度フルHD+ (2,460×1,080)
カメラアウトカメラ: 約5,000万画素、800万画素 超広角、200万画素 マクロカメラ
フロントカメラ約1,300万画素
重さ約206g
ネットワーク + 帯域5G: n3/n28/n77/n78、4G: LTE B1/B2/B3/B8/B18/B19/B28/B38/B41/B42
より詳しいスペックと機能はこちらから→
スペック項目詳細
オペレーティングシステムAndroid™ 11/Android™ 12
内部ストレージ256GB 内蔵、microSD cardを利用して最大1TBまで拡張可能
プロセッサーQualcomm® Snapdragon™ 695 5G 2.2GHz オクタコア (2.2GHz x 2 + 1.8GHz x 6)
メモリ(RAM)8GB
セキュリティ指紋認証、顔認証
センサー加速度計、近接センサー、環境照度センサー、ジャイロセンサー、eコンパス
バッテリー容量5,000mAh
充電15W TurboPower™ チャージ対応、別売りの30W TurboPower™ 充電器使用可能
駆動時間最長40時間
ディスプレイサイズ約6.8インチ
解像度フルHD+ (2,460×1,080)
ディスプレイ方式LCD、IPS、リフレッシュレート 120Hz
アスペクト比20:9
本体サイズ約171.0mm x 76.8mm x 9.1mm(最薄部)
重さ約206g
カラーPearl White、インクブラック
スピーカー底面スピーカー、SmartPA、Dolby Atmos®
カメラアウトカメラ: 約5,000万画素 (f/1.8, 0.64μm)、800万画素 (f/2.2, 1.12μm) 超広角 + 深度センサー、200万画素 マクロカメラ (f/2.4, 1.75μm)
フロントカメラ約1,300万画素 (f/2.2, 1.12µm)
ネットワーク + 帯域5G4: n3/n28/n77/n78、4G: LTE B1/B2/B3/B8/B18/B19/B28/B38/B41/B42、3G: W-CDMA B1/B2/B5/B8/B19、2G: GSM 850MHz/900MHz/1,800MHz/1,900MHz
Bluetooth®テクノロジーBluetooth® 5.1
Wi-FiWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz / 5GHz)
位置情報サービスGPS, A-GPS, LTEPP, SUPL, GLONASS, Galileo
SIMタイプnanoSIM/eSIM
NFC/おサイフケータイ🄬対応/対応

moto g52 5Gの「Ⅱ」、「SPECIAL」それぞれの違い

moto g52 5Gには、末尾に「Ⅱ」、「SPECIAL」と記載されているものがあります。
ややこしいのでそれぞれの違いを以下の表にまとめました。

moto g52j 5Gmoto g52j 5G Ⅱmoto g52j 5G SPECIAL
価格39,800円40,800円41,800円
発売日2022年6月3日2023年6月21日2023年11月20日
メモリ(RAM)6GB8GB8GB
ストレージ128GB128GB258GB
付属品・充電器
・カバー
・ヘッドセット
・保護ケース
moto g52j 5G それぞれの違い

それぞれバージョンアップしていて、現状「SPECIAL」が最新のものです。
「通常盤」、「Ⅱ」は型落ちしていることもあり、Amazonや価格.comで確認すると3万円台で購入することができます。

選び方として以下をポイントにすれば良いと思います。

・ミドルレンジのスマホでストレージ容量が多いのが欲しい人→「SPCIAL」
・とにかく安くでスマホを手に入れたい人→「通常盤」 or 「Ⅱ」

moto g52 5G 通常盤はこちらから。

moto g52 5G Ⅱはこちらから。

開封、外観確認

実際にmoto g52 5G SPECIALの実機を確認します。

届いたのが以下の写真になります。
付属品が多いとのことで、箱も大きいです。

箱の下側に「SPECIAL」のシールが貼ってありますね。

中身を確認すると以下のものが同封されていました。

  • moto g52 5G 本体(保護カバー付き)
  • 使用ガイド
  • 簡易取扱説明書
  • 10Wの充電器、ケーブル(タイプC)

表裏の外観はこんな感じです。
同封時から透明の保護カバーがついています。
→このカバー指紋がつきやすいです。

手に持ったサイズ感はこんな感じ。
6.8インチということで、画面サイズは大きめ。

スマホの側面上下はこんな感じ。

・上側:接続端子なし。
・下側:スピーカー、タイプCでの充電端子、イヤホンジャック

右側:Googleアシスタントボタン、音量、電源ボタン(指紋センサー共有)
左側:SIMスロットル

スマホのそれぞのの機能は、付属の使用ガイドを確認ください。

おすすめできる人と購入を避けるべき人

おすすめできる人
購入を避けるべき人
  • コスパ重視
  • 防水、防塵機能を求める人
  • 長時間のバッテリーを求める人
  • ゲームもしたい
  • おサイフケータイ必須
  • コンパクトなスマホが欲しい人
  • 手が小さい人
格安SIM転生者

実際に触れてみて、どんな人が使用しても満足できるスマホです!

moto g52 5G SPECIALはこちらから。

moto g52j 5G SPECIAL をレビュー 「メリット編」

moto g52j 5Gのメリット、よかったところを解説します。

IP68の防水・防塵性能

moto g52j 5Gは、IP68の評価を受けた防水・防塵性能を備えています。

IP68とは、防水・防塵のランク付した値です。

moto g52j 5GのIP規格は防塵・防水ともに最高ランクです。

  • IP68 粉塵:粉塵が内部に全く侵入しない。
  • IP68 継続的な水中に沈めても影響を受けない。


これより、雨のなかやほこりっぽい作業環境でも安心してスマホを使用することができます。
ただし、IP規格を過信しすぎて水の中で使用するなどはおすすめしませんよ。

シムりん

突然の雨程度であれば心配することはないね♪

格安SIM転生者

耐水は「深さ2m水没30分」耐えるとのこと!
あまり過信しすぎず使いましょうね。

長持ちするバッテリー5,000mAh

「mAh」ってどんな単位? 知っておきたいスマホバッテリー容量の基礎知識(ソフトバンクニュース参照)

moto g52j 5Gのバッテリーは、5,000mAhの大容量バッテリーです。

価格帯バッテリー容量
2〜4万円台2,500〜3,000mAh
5〜7万円台3,000〜3,500mAh
8万円台3,500〜4,000mAh
iPhone14(10万〜)3,279mAh
moto g52j 5G5,000mAh

1日以上の使用を可能にし、頻繁な充電の必要性を減らします。

以下のような人には特におすすめです。

  • いつも充電が持つか心配している人
  • 常にモバイルバッテリーを持ち歩かなければならない人

バッテリー寿命に関しても、moto g52j 5G は優れています。長時間の使用にも耐える大容量バッテリーを備えており、一日中快適に使用することができます。また、効率的な充電システムにより、短時間での充電が可能で、忙しい日々の中でもスマートフォンを常に活用できます。

快適なユーザーインターフェース

moto g52j 5Gは、顔認証と指紋認証が備わっていることはもちろんのことモトローラー独自の「Motoアクション」があります。

例えば、以下のような機能があります。

  • 端末を振ってカメラやライトを起動
  • 電源キーをダブルタップで設定したアプリを起動
  • 画面を下向きに置くとマナーモード
motoアクション
シムりん

いろんな機能があるんだね♪

格安SIM転生者

使いこなすと便利ですよ〜
日常的に使うと手放せなくなる機能ですね!

6.8インチ大画面で120Hzのリフレッシュレート

moto g52j 5Gは、6.8インチの大画面と120Hzのリフレッシュレートを備え、鮮明で滑らかな表示です。

この大きな画面は、動画視聴やゲーム、ウェブ閲覧などの使用において優れています。
120Hzのリフレッシュレートは、特に動きの速いシーンでの滑らかさを向上させ、目に優しいです。

リフレッシュレートとは:
ディスプレイが1秒間に画像を更新する回数のこと。この値はヘルツ(Hz)で測定され、一般的には60Hz、90、120Hzなどがあります。リフレッシュレートが高いほど、画面の動きが滑らかです。

シムりん

リフレッシュレートが大きい方が
滑らかになるんだ!

おサイフケータイによる電子決済ができる

moto g52j 5Gは、FeliCa(おサイフケータイ)による電子決済機能をサポートしています。
要するにおサイフケータイを搭載しています。

これにより、スマホを使って、モバイルSuicaやID、楽天edyなどの支払いをスマホ一つで決済することが可能です。

格安SIM転生者

私は、スマホを選ぶ際の重要なポイントです。

QRコード決済も便利ですが、おサイフケータイはスリープモードの解除不要で支払いできるのを気に入っています。

moto g52j 5G SPECIALをレビュー デメリット編

moto g52j 5Gのデメリット、ここが残念、気をつけた方が良いポイントを解説します。

重量感と大きめのサイズ

メリットで大画面で見やすいことをお伝えしましたが、その反面重量感とサイズが大きいのがデメリットです。

手の小さい人やコンパクトなスマホを好む人にとっては、持ち運びにくいと感じるかも知れません。

一部の通信バンドの制限

moto g52j 5G は、国内4キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイル)に対応しています。

どのキャリアでも使用可能ですが1点注意しなければなりません。

それは、ドコモの5G回線n79が非対応であること。ただ5G回線はまだ普及途中なので日常使いで困ることはないでしょう。

デメリットを書きましたが、大きな悪いところはありません。
約40,000円で良い機能が揃っていると感じます。

【レビュー】moto g52j 5G SPECIALを実際に使ってみた!

moto g52j 5G SPECIALの使い勝手を把握するために実際に使ってみました。

  • SNS X(旧Twitter)
  • Youtube
  • ゲーム(原神)
  • 充電速度
  • ベンチマーク

実際に上記リストのものを試しています。

SNS X(旧Twitter)

X(旧Twitter)を開いて使用しました。

カクツキもなくスムーズに使用可能。
以下の動画でスクロールしました。

縦長画面が見やすいです。

Youtube

Youtubeを視聴。問題なくスムーズに使用できます。

画質もキレイです。

大画面で画質も良いので快適に動画視聴が可能です。

ゲーム

スマホのゲームの中でも特に負荷が高いと言われる「原神」をプレイ。
最近1〜2万円の格安スマホを使用していたこともあり、かなりスムーズに遊べる印象。

デフォルトの画質は「低」、フレームレートも「30」の設定です。
ほとんどカクツキもなく遊べる印象を受けました。

充電速度

moto g52j 5G SPECIALは、最大15Wの急速充電に対応しています。

実際に充電しながら「Ampere」というアプリを使用して充電速度を計測します。

  • 左:通常の充電(5Wに接続)
  • 右:急速充電(付属のACアダプターに接続)

moto g52j 5G SPECIALは、付属の充電器がついています。
付属の充電器で充電するとホーム画面に「Turbo Power」と表示され、急速充電されていることがわかります。

ベンチマーク

スマホやタブレットのスペックを計測できる「AnTuTu」を用いてベンチマークを測定しました。

ベンチマークスコアは、約45万点。
4万円の価格でこのスコアは、コスパがいいです。

ある程度重たいタスク、ゲームも難なくこなすことができるスペックです。

ベンチマークは、スマホの性能を点数化できるものです。
スコア詳細は、右の▼をクリック。
カテゴリAnTuTu
スコア
できること
ハイエンド
(最上位)
80万点〜なんでもできる。
ハイエンド
(上位)
60万点〜動作サクサク。
アッパー
ミッドレンジ
45万点〜重たいゲームもできる。
ミッドレンジ30万点〜日常使いOK
軽いゲームができる。
ローワー
ミッドレンジ
20万点〜基本的な使用可
高負荷タスクには不向き。
エントリーレベル
(上位)
10万点〜必要最低限
エントリーレベル
(下位)
〜10万点基本的な機能のみ
ベンチマークスコア 目安

moto g52j 5G SPECIALを安く買う方法

ここまでのスペックや機能を見て、moto g52j 5G SPECIALをどこで買うのが1番安いのでしょうか。

結論、IIJmioで購入するのが1番安く購入できます。
IIJmioで格安SIM契約と合わせての購入で最安110円でスマホをゲットできますよ。

スマホを110円ゲットできる 2/29まで

IIJmioのMNP端末セット購入が1番安い

moto g52j 5G SPECIALは、IIJmioの端末セット契約が1番安くスマホを手にいれることができます。

IIJmioは、インターネットイニシアティブという老舗のIT企業が運営している老舗の格安SIMです。
格安SIMの中でも特に安い料金体系です。

例えば、月額料金は4GB:990円、20GB:2,000円。
他にも以下の特徴があります。

  • 他社から乗り換えでスマホ端末を最安110円でゲット
  • 家族でデータシェア可能
  • 当月余ったデータは、翌月繰り越しできる
  • 回線は、ドコモかauを選択できる

他社から乗り換えという限定的ですが、格安SIMと端末セットで購入することで最安110円でスマホを手にいれることができます。

月のスマホの通信量も抑えつつ、格安でスマホもゲット!
節約するなら、このキャンペーンをぜひ活用してくださいね。

スマホを110円ゲットできる 2/29まで

スペックを制限するなら「moto g13」もおすすめ

本記事で紹介しているmoto g52j 5G SPECIALは、定価約4万円です。
「少し高いな」と思う方は、スペックを制限したmoto g13もおすすめです。
購入価格が半分になります。

こちらの機種も「IIJmio」または「LIBMO」の格安SIMセットでお得にスマホをゲットすることが可能です。
※ちなみにLIBMOでは1円で販売中です。

Joshin web 家電とPCの大型専門店
¥21,150 (2024/02/27 23:57時点 | 楽天市場調べ)
\今なら”2,480円”/
IIJmio
\今なら”1円”/
LIBMO

以下に比較表にしたので参考にしてください。

項目moto g13moto g52j 5G special
発売日2023年4月21日2023年11月20日
価格22,800円41,800円
内部ストレージ128GB (最大512GBのmicroSDカードに対応)256GB (最大1TBのmicroSDカードに対応)
プロセッサーMediaTek Helio G85 オクタコアQualcomm® Snapdragon™ 695 5G オクタコア
メモリ(RAM)4GB8GB
セキュリティ指紋認証、顔認証指紋認証、顔認証
バッテリー容量5,000mAh5,000mAh
充電20W TurboPower™ チャージ対応15W TurboPower™ チャージ対応、30W TurboPower™ 充電器使用可能
解像度1,600×720 (HD+)2,460×1,080 (FHD)
リフレッシュレート90Hz120Hz
アスペクト比20:0920:9
本体サイズ約162.7mm x 74.66mm x 8.19mm約171.0mm x 76.8mm x 9.1mm
重さ約184g約206g
カラーマットチャコール、ラベンダーブルーPearl White、インクブラック
カメラ5,000万画素メイン + 200万画素マクロ + 200万画素深度アウトカメラ: 5,000万画素 + 800万画素超広角 + 深度センサー + 200万画素マクロ
フロントカメラ約800万画素約1,300万画素
5G対応非対応対応
SIMタイプnanoSIM/eSIM非対応nanoSIM/eSIM
NFC/おサイフケータイ非対応対応

詳細については、以下の記事で実機レビューをしていますので参考にしてください。

moto g52j 5G SPECIALをレビュー よくある質問 FAQ

moto g52j 5Gのバッテリー持ちはどれくらいですか?

moto g52j 5Gは5,000mAhのバッテリーを搭載しており、通常使用であれば一日中持ちます。

このスマホはゲームや動画視聴に適していますか?

moto g52j 5Gは基本的なゲームや動画視聴には適しています。
大画面での見るゲームや動画は、快適です。

Moto g52j 5Gはどの会社が販売していますか?

モトローラ・モビリティという会社です。
元々、アメリカで生まれた会社でしたが、現在はレノボ傘下となっています。

moto g52j 5G SPECIALをレビュー まとめ

moto g52j 5Gをレビュー|使ってわかったメリット・デメリット

本記事では、moto g52j 5G specialについてレビューしました。

以下の表に今回紹介したスマホを概要をまとめました。

おすすめできる人
購入を避けるべき人
  • コスパ重視
  • 防水、防塵機能を求める人
  • 長時間のバッテリーを求める人
  • ゲームもしたい
  • おサイフケータイ必須
  • コンパクトなスマホが欲しい人
  • 手が小さい人
メリットデメリット
・IP68の防水・防塵性能
・長持ちするバッテリー5,000mAh
・快適なユーザーインターフェース
・6.8インチ大画面で90Hzのリフレッシュレート
・おサイフケータイによる電子決済
・重量感と大きめのサイズ
・一部の通信バンドの制限
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次